SIPフィナンシャル・グループ > 金融アドバイザー > 金融アドバイザー 深谷 幸司

金融アドバイザー 深谷 幸司

金融アドバイザー

1962年生まれ。1984年東京大学法学部卒業後、三菱銀行に入行。台東区竹町支店にて中小企業取引を担当。金利自由化・市場化が進展するなかで1987年5月より資金証券部にて円債券ディーリングに従事。投資家担当セールス、インターバンクディーラー、に加え企画担当として債券貸借取引市場の創設を担当。1991年10月に本店営業部に配属され三菱商事本社為替部(輸出入実需関連取引)および国内関連子会社を担当。1995年5月為替資金部に異動。為替アナリストとして活動を開始。チーフアナリストに就任。企業の抱える為替リスク実態や債券投資・金利動向に詳しい為替アナリストとして活躍。ユーロマネー誌日本版東京外国市場調査、長期予測部門顧客投票において2000年から2004年まで5年連続第1位。マクロ環境やグローバル市場に関する見識を買われ2004年6月に経済調査部チーフエコノミストに就任。

2007年1月に東京三菱UFJ銀行を退職、ドイツ証券に入社して為替ストラテジストに就任。2010年9月にクレディ・スイス証券に移りチーフ通貨ストラテジスト。2012年8月に同社を退社して独立。10月にオフィスFUKAYAを立ち上げ。15年以上の為替アナリスト活動に加え企業および個人投資家へのコンサルティング、コーチングを開始。