SIPフィナンシャル・グループ > SIPメンバー > アメリカ担当パートナー Nick Tetsuya Sakagami

アメリカ担当パートナー Nick Tetsuya Sakagami

NickSakagami

開成高校卒業後、古紙回収・土方・モデル・トラック運転手・ボディーガードで資金をためアメリカへ渡る。南カリフォルニア大学中退後、映画プロデューサー・広告会社の後、30歳で水産業界へ入り、ロスの無名の韓国系の魚のホールセラーを南カリフォルニア地域で2位に押し上げ、生鮮マグロ輸入商社を起業。4年目に東海岸を網羅すべくNY支社をつくり全米一番のマグロ屋とする。アメリカで数少ない西・東海岸拠点にした全米規模の生鮮水産会社である。 2007年より、世界のマグロを牛耳る日本の大手商社が「絶対に無理」と踏んでいた近大マグロをアメリカでブランドとして確立。今では水産養殖・資源保護の将来のベンチマークとして多くの国で多種多様な人たちに認知されている。坂上はアメリカで生鮮マグロの販売・流通網を全米規模で構築と、近大マグロをはじめとしていくつものブランデイング戦略を同時に効果的に絡めて事業を成功させることが持ち味。