先端技術ラボ

先端技術ラボ

SIPは、今後のテクノロジーのキーを担う最先端の分野のベンチャー企業と組んで先端技術ラボとして各分野のテクノロジー・シードをカバーしていきます。先端技術ラボでは、分野別のパートナー企業とともに、大手企業の当該分野での技術開発戦略・戦略技術開発プロジェクトの立ち上げ支援・海外の同分野の技術動向調査などを提供していきます。


【デジタルブレイン開発室】

SIPでは、今後インターネット技術もベースにしながら人間の命を永らえさせるテクノロジーやサービスが次のイノベーションの中核分野を担っていくと想定しています。

長寿社会のなかでも、極めて影響力の大きい脳梗塞・アルツハイマー・鬱などの分野の新しいソリューションとして期待されているデジタルセラピーの分野に着目し、理化学研究所等で脳の神経回路を研究、神経細胞レベルから心理レベルまで脳の仕組みを研究していた片野和彦を室長にデジタルブレイン開発室を設置しました。デジタルブレインのプロジェクトとしては、VRを利用して脳内回路がダメージを受けた脳の回路の再生(リコンストラクション・リワイヤリング)を行うマシン・プログラムの開発を進めつつ、グローバルな最先端のソリューションを研究してまいります。

デジタルブレイン開発室では、脳の回路の再構築・強化、それを受けてのアウトプット能力の強化のためのコミュニケーション出力や運動機能出力の強化、さらに日常生活におけるモニターリングとしてのデジタルヘルスの体調管理などとプロセス化させていきます。

DSC

デジタルブレイン開発室長 片野和彦 プロフィール

katano

明治大学理工学部物理学科卒。筑波大学大学院工学研究科にて、経産省電子技術総合研究所 故松本元先生に師事。脳の神経回路の基本となる網膜神経回路網にて基礎的な知識及び技術を取得。千葉大学にて「脳のだまされやすさ」を認知心理学の「認知同調」という現象研究に従事。理化学研究所脳科学総合研究センター松本研究室にて脳型コンピュータ開発のための基礎実験を担当。

KATANO TOOL SOFTWARE設立。研究者向けに研究用のソフトウェア開発および実験計画をサポートしている。現在、脳の情報原理に基づく、脳を活用するための脳活用ラボ設立・活動中。神経細胞レベルから心理レベルまでを多角的な見方のできる脳の仕組みをベースにしたデジタルブレインの領域を開拓していきます。

【生物情報事業開発室】

生物の設計図はDNAです。DNAの配列を調べることによって地球上の生物の情報を入手することができ、この技術分野をDNAシーケンス解析といいます。1980年代初頭にDNAシーケンス解析の基礎となるサンガー法という技術が開発され、2000年代初頭まではこの基本技術を使い、DNAシーケンス解析が行われてきました。

その後、2000年代中盤以降、次世代シーケンス解析と呼ばれる技術が登場し、解析に要するコストとスピードに劇的な変化が起こりました。次世代シーケンス解析の登場により、ヒトの全DNA配列を決定するのコストが、1,000万ドルかかっていたのですが、2011年には10,000ドルを下回り、現在は1,000ドルに近づきつつあります。DNAシーケンス解析は、これまで大学・研究機関や製薬会社の開発部門等一部の大組織が利用する技術でしたが、解析機器の小型化と低価格化により幅広い分野への普及が進み有力なベンチャー分野と考えられています。

SIPでは、同分野で超最先端の技術をもつ生物技研と提携し、生物情報事業開発室を組織化し、同社代表取締役中野江一郎が生物情報事業開発室長に就任致しました。

生物技研は、次世代シーケンス解析に関わる全ての業務を社内で行い、大学・研究機関からの解析業務を受託しています。生物情報事業開発室では、生物技研のコア技術をヘルスケア・農業/水産業・環境分野へ展開させるべく、現在ビジネスモデルの構築を支援していきます。注目しているエリアとしては、マイクロバイオーム(細菌叢)といわれています、腸内フローラや口腔内分析による歯周病と糖尿病の治療、ミネラル分豊富な野菜栽培のための土壌の細菌叢分析などと、ゲノミクス・セレクションといわれる生物体系の範囲でDNAを編集することでこれまで長い期間を掛けて品種改良をしてきた技術を短期間に栄養素の高い植物・水産物を栽培・養殖するエリアなどへの応用をフォーカスしていきます。

【生物技研ホームページ】 http://gikenbio.com/

次世代シーケンス

生物情報事業開発室長 中野江一郎 プロフィール

nokanokouichirou

京都大学大学院農学研究科卒。海洋分子微生物学研究室にて現在のベースとなる分子生物学的手法を学ぶ。研究テーマは植物プランクトンの葉緑体の起源についてDNA解析を用いて明らかにすること。大学院卒業後、環境コンサルタント会社である日本エヌ・ユー・エスに就職。2004年より(株)ファスマックで大学/研究機関向けの受託サービス事業に従事。大学・研究機関が自分達で行ってきた分子生物学的手法のアウトソース化の流れをいち早く捉え、事業部長としてサンガー法の受託サービス・人工遺伝子合成サービス・次世代シーケンス解析サービスと事業を拡大していき、オリゴDNAの受託合成がほとんどの収益であった事業構造の転換と規模の拡大を成功。ファスマックでいくつか立ち上げた新規事業のうち、最後の事業として立ち上げた次世代シーケンス解析に非常に大きな可能性を感じ、これまでは一部の大学・研究機関でのみ使われていた次世代シーケンス解析の技術を産業利用や一般消費者向けの技術として普及させることを目的として、2015年12月(株)生物技研設立。得意分野であるマイクロバイオームの解析をヘルスケアや農業、環境分野へビジネス展開させるべく大学および研究機関と協力して技術開発を進めている。長期的な目標は最新の分子生物学的技術を活用して、養殖業を環境調和型かつ儲かる産業にすること。