SIPフィナンシャル・グループ > SFGメンバー > 社外監査役:濱田 邦夫(ハマダ クニオ)

社外監査役:濱田 邦夫(ハマダ クニオ)

1960年東京大学法学部卒業。在学中に司法試験に合格し、1962年弁護士登録(第14期)。妹尾晃法律事務所、アンダーソン・毛利・ラピノウィッツ法律事務所勤務後、ハーバード大学ロースクールに留学(LLM1966)。サンフランシスコおよびニューヨークで米国法律事務所に勤務。

帰国後、我が国資本市場でのサムライ債の発行、外国投信の発売、外国企業株式・債券発行、海外市場での本邦証券会社による引受主幹事業務、および日本企業のユーロドル建転換社債等海外市場における証券発行の先駆的案件に多数関与。1975年濱田松本法律事務所を開設。外国証券会社の日本子会社の特別清算人、国家管理となった銀行の常勤監査役、大型証券会社の任意清算事案での海外資産の処理等を担当。濱田松本法律事務所は2002年に森総合法律事務所と合併し、森・濱田松本法律事務所となる。濱田は、2006年5月最高裁判所判事退官後2011年5月まで同事務所に客員弁護士として在籍。

1991年 環太平洋法曹協会初代会長に就任。

2001年 最高裁判所判事に任官。(2006年同退官)

2007年 旭日大綬章受章。

2011年 日比谷パーク法律事務所へ移籍、客員弁護士