代表者の挨拶

-ベンチャーキャピタルを超えて-

ベンチャーという言葉がビジネス的な魅力の輝きが褪せてしまったかのようにベンチャー企業を取り巻く環境は、厳しさに包まれています。私たちエス・アイ・ピーは、日本のベンチャーキャピタルの礎をつくってきた創業者の志を継ぎ、新しい時代のベンチャーキャピタルをつくろうとここに集っています。私たちが「ベンチャーキャピタル」にこだわっているのは資本主義社会における経済発展のドライバーが『イノベーション』という「技術革新をベースに創造される新しいライフスタイルとビジネスモデルの提供」の出現・普及であり、「ベンチャーキャピタル」という産業こそがアントプレニュアーとともに中心的役割を果たしていると考えているからです。

私たちは単に、ビジネスをインキュベーションしてベンチャー企業を株式公開させることのみをゴールとするものではありません。日本では、アーリーステージ段階を卒業すると株式公開することが可能ですが、株式公開後にマイクロキャップの公開企業としてエクスパンション・グロースを乗り越えられない企業がたくさんあります。私たちは、イノベーティブな事業が成長していくことを、株式公開後も後押しし、安定フェーズに辿り着くまでサポートしていくことを考えています。また、大企業とともに次の成長ビジネスをつくるお手伝いも心がけている領域です。

私たちが追い求めているコンセプトは、(1)イノベーション、(2)グロース、(3)リスクファイナンス という3つの柱で、これまでのベンチャーキャピタルの領域を超えてこの3つのコンセプトを追って領域を拡大していきたいと思っております。私たちはハンズオンをモットーにしておりますが、私たちにとって「ハンズオン」はアントレプレニュアーと同じ目線で汗をかくことであると考えています。私たちは個別の企業・自治体・海外投資主体などのニーズに沿って、上記の3つのコンセプトを私たちのビジネス・ノウハウを提供して共同のプロジェクトとしていくビジネス・ゴールとともに、グローバルな投資家の資金を系列の制約なしにニュートラルなポジションから顧客に対してベストソリューションを提供することで高ROIのファンド投資を追及していくことをゴールとしております。

ヘッジファンドを中心とした敵対的買収や、サブプライム問題、分散化や証券の名を借りたクレジットリスクの誤用など、自社とそのステークホルダーの目先の金銭利益だけを目的とした利益至上主義の追求は真の資本主義の発展をもたらすものではないことはこの未曾有の経済危機により証明されました。私たちはニュービジネスという厳しいビジネスこそが資本主義の成長を牽引するという信念のもと、この信念を信じるグローバルなアントレプレニュアーシップの連携により新しい時代をつくっていきたいと考えております。                                                                      ssaitoh withName