沿革

JAFCOで民法上の組合の概念により日本初のベンチャーファンドを考案し、日本アジア投資、CSKベンチャーキャピタルの設立・発展に寄与した現ファンダー取締役会長の齋藤篤が米国流の高いROIを実現するベンチャーキャピタルを目指して1996年に設立。

  • ●1996年10月 エス・アイ・ピー株式会社 設立。会長齋藤篤、社長伊藤親保でスタート。
  • ●1997年 6月 ケイマン籍で、SIP Global 1, L.P. 設立。
  • ●2000年 1月 齋藤篤を中心にしたヴィシー・クラブ・エス・エス・エム投資事業有限責任組合設立。SIPは管理事務を受託。中小企業総合事業団が上記組合に出資(6 月)。
  • ●2000年 6月 齋藤篤が社長に就任
  • ●2001年 6月 英文社名 Strategic Investment Partners に変更。
  • ●2004年 7月 SIP知的創造投資事業有限責任組合設立。中小企業基盤整備機構が上記組合に出資(2005年3月 )。
  • ●2005年 6月  藤原和隆が代表取締役社長に就任。齋藤篤が会長に就任。
  • ●2007年 6月  齋藤茂樹が代表取締役CEOに就任。
  • ●2007年 7月 ㈱日本デジタル・コンバージェンスよりデジタル・コンバージェンスファンドの無限責任組合員の地位を譲り受ける。
  • ●2008年 6月  齋藤茂樹が代表取締役社長に就任。
  • ●2009年 7月  齋藤茂樹が日本ベンチャーキャピタル協会の理事に就任。
  • ●2010年8月  投資事業組合タクヤスタートアップファンド設立。
  • ●2011年10月  Strategic Investment Partners Limited(戦略創造投資有限公司)香港法人設立。
  • ●2013年4月1日 ストラテジック・アセット・マネジメント株式会社を設立。代表取締役に関口裕一が就任。
  • ●2013年4月16日 エスアイピー・フィナンシャル・グループ株式会社を設立。エス・アイ・ピー株式会社とストラテジック・アセット・マネジメント株式会社を子会社に編成。
  • ●2013年5月1日 監査役に濱田邦夫が就任。
  • ●2013年8月1日 エスアイピー・フィナンシャル・グループ株式会社がStrategic Investment Partners Limited(戦略創業投資有限公司)を子会社に編成。
  • ●2014年4月1日 ストラテジック・アセット・マネジメント株式会社をストラテジック・アイアール・インサイト株式会社に社名変更。